地下鉄平野駅 6番出口スグ

24時間予約受付中

無痛治療への挑戦

電話予約は診療時間内に、オンライン予約は24時間受付 住所:平野区平野西5-1-16-103 電話:06-6702-5663

オンライン予約はこちらから

一般歯科、小児歯科、審美歯科、歯周内科、インプラント、小児矯正、マウスピース矯正、訪問歯科

トップページ 診療案内・医院紹介・アクセスマップ 虫歯が10分の1にハッピークラブ 5000円onlyホワイトニング

感染予防対策

  • 村上歯科総合ブログはこちらから
  • 村上歯科 携帯サイト
  • 携帯からの予約はこちらから
  • スマートフォン用サイト こちらをタップ
トップページ»  感染予防対策

院内感染予防システム

歯科治療で使用する器具が滅菌されていない、グローブを毎回交換 (スタッフを含め全員) していないと、
院内感染する病気が多いことが指摘されています。
医院内で人から人に病気が移ることが「院内感染」です。血液や唾液を介して移る病気としては、
B型肝炎、C型肝炎、エイズ、ウイルス性感染症などがあります。

思い出してください。
これまでの歯科医院では、

  • 患者毎にグローブを交換していましたか?
  • 患者毎に、治療イスを清掃していましたか?
  • 患者毎に、タービン(歯を削る器械)等を滅菌していましたか?
  • 全てディスポーザブルのコップ、エプロン等を使用していましたか?

歯科における院内感染対策調査報告(2003 高橋 律男 468の歯科医院対象)によると、患者毎にグローブを毎回交換 40%、治療イスを毎回清掃 29%、タービンを毎回滅菌 14.1% というデータがでています。

かなりの医院がグローブを手洗い使い回しして次の患者さんに使用していますが、手洗いのみでは感染を防ぐことができません。毎回交換が必要です。B型肝炎、C型肝炎ウイルスは非常に強力なもので、数十秒の手洗いのみでは、どんな薬液も感染を防止できないのです。

怖いことだと思いませんか?
皆さんはレストランでふきあげていないテーブルに座り、洗ってないお皿に盛られた料理を、前のお客が使用したお箸で食べることができますか?
食後に前のお客が使った爪楊枝を使えますか?
目には見えませんが、歯科医院において、グローブを交換しない、完全滅菌しないということは、それよりももっと汚く、危険な行為なのです。

日本では、キャリアー率は、B型肝炎で100~200万人、C型肝炎で100~150万人。

以前東京の透析専門診療所でおきた肝炎の集団感染、劇症肝炎で4名の方が死亡されました。どうもこの原因は手袋の使いまわしに疑いがあるようです。

本院は、医師はもちろん、衛生士、助手、全てのスタッフが患者毎にグローブを交換し、一ヶ月に約10000枚グローブを消費します。また、使用する器具は全て完全滅菌をしています。

ここまで徹底している歯科医院は、現在大阪ではほとんどありません。なぜなら、多大な費用がかかるためです。感染対策のための費用は保険で認められていません。
全て医院の負担になります。

ここまで徹底している理由は

自分がされたくないことを患者さんにすることはありません。
自分自身が「これだったら安心して受診できる」と思えるような感染対策をとりつづけます。
本院の患者様に医療関係者が多いのも対策の結果です。

この気持ちで経費はかなりかかりますが、感染対策には万全の対策をしていますので、本院の治療を安心してお受け下さい。

本院は日本口腔感染症学会に所属し、認定医基準に準じた医院での院内感染対策システムを構築しています。

A型、B型、C型肝炎やMRSAなど、血液の付着による感染の危険性が最も高いと言われています。注射液や注射針、血液が付着したガーゼなどが他の方に絶対に触れることがないように、安全で完全な廃棄管理を実施しています。

注射器など   安全完全廃棄
注射針・注射液・紙コップ・エプロンは、患者様 お一人ごとに
交換しています。
  血液が付着したものは、安全完全廃棄しています。
(写真左)注射針、ガーゼ、紙コップなどの廃棄箱です。
(写真右)ゴム手袋の廃棄袋です。(1ヶ月で約1万枚)

 

ハンドピースとは、キーンという音を出して、歯を削る道具です。歯を削る時に、血液やだ液、歯の切削片が一番つきやすい器具です。専用のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にかけて、患者様お一人分ずつにパックし、完全減菌してから使用します。

専用のオートクレーブでハンドピースを滅菌しています。

専用のオートクレーブ

バーやファイルも、1回使用ごとにきちんと滅菌しています。

注射器など   安全完全廃棄
薬液滅菌槽
 
超音波洗浄機

プラスチックなどの高圧蒸気滅菌が出来ない器具等に関しては、薬液滅菌槽を設備しております。また、グローブは患者様ごとに使い捨てのゴム手袋を使用しています。

患者様はもちろん、院内スタッフの安心・安全のためにも院内感染防止に努めております。

スリッパ

UV オゾンによるスリッパの殺菌消毒

EO水による滅菌

チェアーの周辺や高温高圧滅菌が出来ない機器に関しては、肝炎・エイズなどのウイルス、MRSAなど様々な細菌にすぐれた除菌効果のあるEO水を使用しています。

EO水による院内感染防止対策

EO水EO水<<EO水とは??>>
当医院では、「殺菌水=酸化電位水」を使用しています。

酸化電位水=Electrolyzed-Oxdying-Water EO水は、水を電子分解処理することにより生成されるpH2.5、酸化電位1100mVを有する水に変化したものです。

このEO水は殺ウィルス作用と殺菌作用があります。

たとえば、エイズ、B型肝炎、C型肝炎、ヘルパス等のウィルスやMRSA、インフルエンザ菌、緑膿菌、水虫、タムシ等の糸状菌、黄色ブドウ球菌、食中毒菌(O-157含)、黄色ブドウ球菌、カンジタ等のウィルスや細菌をほとんど瞬時に殺してしまう力があります。

EO水は強酸性で、少し酸味がありますが、細菌やウィルス、体液、血液と反応した後、ただちに普通の水にもどりますので、人体にはまったく無害です。また、この水は、化学薬品、またはそれら一切を含むものではありません。

デジタルレントゲン・システム

レントゲン画面デジタルレントゲン・システムデジタル・レントゲンは、従来のレントゲンに比べて人体に受ける放射線の量が1/5~1/10程度、人体に優しいレントゲンシステムです。

レントゲン

デジタルレントゲン・システム現像時間も必要ないので撮影から説明までの待ち時間が短縮、院内LANにより各チェアにあるモニタにてレントゲン画像を映し出し解り易く説明します。

ページトップへ戻る