地下鉄平野駅 6番出口スグ

24時間予約受付中

無痛治療への挑戦

電話予約は診療時間内に、オンライン予約は24時間受付 住所:平野区平野西5-1-16-103 電話:06-6702-5663

オンライン予約はこちらから

一般歯科、小児歯科、審美歯科、歯周内科、インプラント、小児矯正、マウスピース矯正、訪問歯科

トップページ 診療案内・医院紹介・アクセスマップ 虫歯が10分の1にハッピークラブ 5000円onlyホワイトニング

薬で治す歯周病 歯周内科

  • 村上歯科総合ブログはこちらから
  • 村上歯科 携帯サイト
  • 携帯からの予約はこちらから
  • スマートフォン用サイト こちらをタップ
トップページ»  薬で治す歯周病 歯周内科
薬で治す最新歯周病治療

歯周内科治療(歯周病の最新治療法)

「薬を飲むだけで歯周病(歯槽膿漏)が治ればいいのに」そう思ったことはありませんか?
これまでの歯周病の治療と言えば歯石の除去、または歯周外科という手術を行い、
痛みの伴う治療法が主でした。
それでも、治らないことも多くありました。
今では、この「薬で歯周病が治る」ということがとうとう現実のものとなったのです。

患者さんの口腔内から歯垢を採取し、位相差顕微鏡で歯周病の原因の菌を特定し、薬を使用して除菌することで全く痛みもなしに、劇的に歯周病がなおります。当院でも毎月100人以上の患者さんに治療を行い非常に喜んでいただいています。

費用

位相差顕微鏡検査は無料です。
検査の結果、治療が必要な方は、菌の種類により別途 2~3,000円 かかります。

歯をみがくと歯グキから血がでる歯グキがはれている
朝おきると、口の中がネバネバする口臭が気になる。
これらの症状の中から1つでもあてはまるという方、あなたは御自身が歯周病だということに早く気付かれたほうが良いのかもしれません。
そして、お気軽にご相談、ご来院ください。きっと満足のいく結果を得られると思います。

こんな症状ありますか?

  顕微鏡治療
顕微鏡治療

これらの症状の中から1つでもあてはまるという方、あなたは御自身が歯周病だということに早く気付かれたほうが良いのかもしれません。

いったいどんな菌がいるのでしょう

 
 

どうやって進行するのでしょうか

感染経路

生まれた時は人のお口の中には歯周病菌は存在しません。しかし、もともといない歯周病菌がなぜ今お口の中にいるかというと、人からうつされているのです。今も、家族の間でうつしあっている状態にあるかもしれません。

回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。菌が再びお口の中に入ってくると、お口の中で定着して歯周病を発症する可能性が出てくるということになります。

特に危険なのが性感染です。せっかく歯周病を治してもパートナーからうつされたのでは意味がありません。パートナーの方と同時に治療なさることをおすすめします。

再発を予防するには

カビ菌は口腔内常在菌といって、お口の中に必ず住み着いている菌です。徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。全滅させることは不可能なのです。

ですから毎日の歯磨きと歯科医院における3ヶ月に1回のプロフェッショナルクリーニングが大切です。カビ菌は歯周病菌の快適な住みかにもなりますので歯周病菌が再感染しやすくなります。

3ヶ月に1回歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか、カビ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認しカビ菌が増えすぎないようにクリーニングを行う必要があります。

入れ歯

入れ歯を使っている方は、入れ歯にもかなりカビが付きます。入れ歯の清掃もこれから非常に重要になってきます。

虫歯

カビは歯周病にだけ関与しているわけではありません。カビはお口の中で酸を出すことがわかってきていますので、その周りに歯があれば歯を溶かし、虫歯を作ってしまうのです。

タバコ

今回使う薬は白血球が運んでくれる薬なので、タバコを吸うと歯茎の血管が収縮し白血球が減少し、薬の効きが悪くなります。また、タバコは歯周病になりやすく、歯周病が治りにくいことがわかっています。

全身疾患との関係

菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。カビが肺に入れば肺炎になってしまいます。わずかでもお口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入ってしまい、心臓で炎症を起こすのです。歯周病の人が心臓病になる確率は2~3倍にあがります。他にも食道癌、糖尿病、早産、高血圧などにも関与しています。

一週間後の自覚症状の変化(患者様1000人アンケート)

自覚症状のつよい方ほど1週間後の変化を大きく実感します。
歯茎からの出血
口臭
 
朝起きた時のネバつき
歯茎からの膿
 

顕微鏡と薬による治療

治療前の自覚症状

「歯周病と言われました。歯がグラグラして、噛むと痛いです。
時々歯茎が腫れます。口臭もあります。」

朝起きた時のネバつき

自覚症状の変化

1週間で口臭、ネバネバ感が消失。出血なし。

自覚症状の変化

気になっていた口の匂いがなくなりました。歯茎が引き締まった感じです。噛んだ時の違和感もなくなりました。

痛みもなく歯周病をなおせる。夢の治療法が現実となったのです。

当院は国際歯周内科学研究会の会員で位相差顕微鏡システムを導入しており、ご希望があればすぐに口腔内の細菌検査を手軽に行えます。
私も原稿を書いた「歯周病は薬で治る」という本が出版されています。貸し出しもしていますのでお気軽にお問い合わせ下さいね。

 

ページトップへ戻る