地下鉄平野駅 6番出口スグ

24時間予約受付中

無痛治療への挑戦

電話予約は診療時間内に、オンライン予約は24時間受付 住所:平野区平野西5-1-16-103 電話:06-6702-5663

オンライン予約はこちらから

一般歯科、小児歯科、審美歯科、歯周内科、インプラント、小児矯正、マウスピース矯正、訪問歯科

トップページ 診療案内・医院紹介・アクセスマップ 虫歯が10分の1にハッピークラブ 5000円onlyホワイトニング

マタニティー歯科

  • 村上歯科総合ブログはこちらから
  • 村上歯科 携帯サイト
  • 携帯からの予約はこちらから
  • スマートフォン用サイト こちらをタップ
トップページ»  マタニティー歯科

ママと生まれてくる赤ちゃんのための歯の健康
口腔内の健康が安産への近道 マイナス1歳からのむし歯予防

 

マタニティー歯科ってご存知ですか?

早産の予防のため、また生まれてくるお子様のむし歯予防のために妊娠中からお母さんのお口のむし歯予防の管理を行う歯科医院のことです。
日本ではまだ限られた医院でしか行っていませんが、海外では常識です。
妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを奪われて歯が悪くなる・・・
「一子産むごとに一歯失う」と言われています。

妊婦のお口におこること

  • 妊娠するとホルモンのバランスが変わり、唾液が粘っこくなって酸性度が高まりむし歯になりやすくなる
  • つわりや体調の変化で歯磨きがきちんとできない
  • 食事回数の増加や時間が不規則になり、お口の中が汚れやすくなる

妊娠中の口の中はどんな状態になっている?

グラフ

歯周病の妊婦は・・・

早産や低体重児出産の危険性が約7倍に高くなります。
これは喫煙している妊婦のリスクに相当します。

歯周病のリスク軽減のために

  • 歯周病 (中程度~重度)
  • 28週まで2~3週に1回歯科医院でのケア+出産まで毎日ブラッシングと抗菌剤洗口
  • 68%早産・低体重児出産のリスク軽減

歯周病菌と位相差顕微鏡での検査

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはミュータンス菌はいません。
原因は母子感染です。

お口の中には約300~400種類の細菌がいます。
村上歯科にご来院していただければ、位相差顕微鏡で患者さまのお口のなかの細菌を直接しらべることができます。

お子様のむし歯予防のためには・・・
「口移しはしない・食器はわける」
しかし、絶対は難しいです。
お母さんや周りの人たちが、ご自身のお口の状態をうまくコントロールしていくことで可能になるのです。
まずは、お母さんご自身のお口の中を知ることが必要です。唾液検査(リスク検査)をしましょう。

検査項目

  • 唾液の量
  • 唾液がむし歯を防御しようとする力
  • 各種細菌の数(むし歯・歯周病に関係する菌) 等

唾液検査をしてみましょう

妊娠中の口腔ケアは、早産や低体重児出産の危険性のリスクを軽減できます。
お子様のむし歯予防は、妊娠中からの母子感染予防が最も効果があります。
最後にお口の中のチェックをしましょう。
村上歯科では、お子様に対してはマタニティー歯科以外にもハッピークラブ(お子様の歯を守る会)をおこなっています。現在平野区で500名を超えるお子様が入会されています。

ハッピークラブ よい子の歯を守る会

乳歯は永久歯への架け橋です。
乳歯で弱くなった歯では健康な永久歯はできません。
お子様の歯を守るのはお母様の大切な仕事です。
村上歯科ではそんな役割をサポートしていきます。

ハッピークラブに入会すると虫歯の本数が10分の1以下になります

<入会資格> 0-15歳までのお子様
< 費 用 > 年会費 入会金無料 ※全て保険内で行います
< 特 典 >

(1)三ヶ月に一度定期健診をハガキ、お電話、メールでお知らせし、無料で歯のチェックをします。
(2)定期健診時にフッソ塗布およびブラッシング指導をします。
ほかにもさまざまに特典ありますのでご覧下さい。
>>ハッピークラブについて詳しい情報を見る

ネット(村上歯科で検索)携帯で24時間予約、またはお電話でご予約できます。
ぜひご入会下さい。

村上歯科の願い

(1)元気な赤ちゃんを産んでいただきたい
(2)その赤ちゃんに健康に育っていただきたい
お口の中の健康は村上歯科に任せて下さい。

日本では80才で自分の歯が平均8本しか残っていません。残念ながらほとんどのかたが入れ歯の状態です。予防先進国スゥエーデン・フィンランド等では80才で24本自分の歯があります。「世界最高レベル、最先端のむし歯予防歯科」で、もうむし歯で悩むのはやめましょう、ほぼ一生むし歯になることなく、自分の歯で健康的に過ごすことができます。私たちにお任せ下さい。

  • 妊娠中でも制限はありますが治療はできます。
  • 歯科の麻酔も大丈夫です。
  • レントゲンも安全です。当院はデジタルレントゲンを使用しています。
  • マタニティー歯科講座も行っています。

マタニティー歯科に関する資料

乳歯の出来る時期 妊娠初期から作られています! 乳歯のはえる時期 歯にミュータンス菌が定着するまでの過程 母子で似ている

マタニティー歯科で行うこと

  • 親からお子さんへのプレゼント
  • 「むし歯のないきれいな歯に」
  • 歯の健康は一生の宝物

基本的には妊娠中はお薬を使いません。

しかし、薬を使用しないほうが悪影響がある場合は胎児に影響のないお薬を必要最低限使用することがあります。

レントゲンは極力撮りません

ダイアグノデント(レーザー測定器)を使用
虫歯を数値化しレントゲンを使わずに虫歯を発見したり治療の必要性を判断します。
体に安全なレーザー光線を用いて、レントゲンや肉眼では見つけにくい初期のむし歯まで発見します。

お子様の歯をむし歯から守ります

赤ちゃんが生まれる前からお母様のお口の中のむし歯菌を減らしておくことにより、お子様がむし歯になるリスクを下げることができます。
また、検診や生活習慣指導とあわせた“マイナス1歳からのむし歯予防"でむし歯ゼロを目指します。

歯科医院におけるレントゲンの安全性

歯科治療の際のレントゲンで浴びる放射線量は、日常生活で自然に浴びる量と比べて極めて微量です。また歯科用のレントゲンは腹部から離れており、胎児への影響は心配ありません。さらに鉛入りの防護エプロンを使用しますので、腹部への被爆はほとんど防ぐことができます。
一方でレントゲン写真からは虫歯の状態、歯の周囲の骨の状態などの重要な情報を得ることができます。正しい診断、治療のために不可欠な場合にはレントゲン撮影することがあります。
疑問、心配に思われる方は相談下さい。

ページトップへ戻る